福祉事業所の方へ

Q1.福祉事業所の商品をはあと・フレンズ・ストアで扱ってもらうにはどうしたらよいですか?

A1-① はあと・フレンズ・ストアの取引事業所となる。

お取引をご希望の京都市内の福祉事業所は、まずは「商品相談会」をご予約ください。専用の商品相談会応募シートに、ご相談内容の詳細をご記入の上、事前にご提出いただきます。ご予約のお申込みは、お電話またはメールではあと・フレンズ・ストアまでお問い合わせ下さい。

A1-② 「商品相談会」を活用する。

  • 京都市内の福祉事業所を対象に毎月1回実施。(1事業所あたり1時間×3枠)
  • 事前予約制。
  • 事前提出の資料をもとに、各事業所がプレゼンテーションを行う。
  • 相談会終了後、各事業所ごとにフィードバックシートを送り、事業所内での情報共有を支援。

取引の開始にあたっては「商品相談会」を設け、商品のプレゼンテーションをしていただきます。ブランドマネージャー、ストアマネージャーが審査をし、実際の商品を確認し検討します。商品として改善の余地があれば改善点についてその場でアドバイスをすることもあり、商品のクオリティが一定水準に達していなければ取引をお断りすることもあります。しかし、その場合も、その理由を説明し、助言や支援を行っています。また、商品の素材だけではなく、パッケージにも工夫がなされていることが重要です。福祉事業所で作られたものを販売するお店ではありますが、オシャレな雑貨屋さんに並んでもおかしくないような商品をセレクトし、ものづくりの背景も含めた商品の魅力を丁寧にお客様にお伝えできるようなお店作りを目指しています。

Q2.商品開発、商品のブラッシュアップを行うにはどうしたらよいですか?

A2-① 「商品相談会」を活用する。

はあと・フレンズ・ストアとお取引のない福祉事業所であっても、京都市内の福祉事業所であれば、毎月開催している「商品相談会」をご活用いただけます。「商品相談会」のご活用を希望される京都市内の福祉事業所は、はあと・フレンズ・ストアまでお問い合わせください。

A1-② 「商品相談会」を活用する』も併せてご確認ください。

A2-② セミナー等に参加する。

各年度に1回、はあと・フレンズ・ストア主催によるセミナーを開催しています。ほっとはあと製品(授産製品)のものづくりに関する講義や全国の事例発表など、毎年テーマを設けて実施しています。京都市内外問わず、どなたでもご参加いただけます。

Q3.ほっとはあと製品(授産製品)や最新の福祉系情報を得るにはどうしたらよいですか?

A3-① 「月例会」に参加する。

月例会は毎月第二木曜日(都合により変更する場合もあります)に開催し、毎月の売上報告やお客様の声をお伝えしています。また、店内フェアや出店イベントのお知らせ、季節に応じた新商品の募集も行っています。福祉関連のセミナーのご案内や、企業などからのお仕事依頼等の情報を提供させていただく場合もあります。

はあと・フレンズ・ストアとお取引のない福祉事業所であっても、京都市内の福祉事業所であれば、月例会にご参加いただけます。月例会へのご参加を希望される京都市内の福祉事業所は、はあと・フレンズ・ストアまでお問い合わせください。

A3-② セミナー等に参加する。

ページの先頭へ

商品カタログ

facebookでチェックしてね